私は地方に住んでいるので、コンサートは地方公演と都心の大きな会場の両方で観たことがあります。
そこで毎回思うことは、やはり音響や照明の違いです。

コンサート会場の広さも全く違いますが、それに合わせて音響や照明もかなり違ってきます。
観に行っているお客さんの数も桁違いに違うので、やはりアーティストにとっても、大きな会場の方が遣り甲斐があるのかもしれません。

私は今まで何度か海外アーティストのコンサートを観に行きました。
海外アーティストの場合はまず、地方公演に来ることはなく、都心の大きな会場ばかりです。

なので、その迫力はかなり凄いものがありますが、私はステージから遠い席のことが多く、豆粒程度しか見えないこともあります。
大きなスクリーンモニターがあるので、ステージ上の様子はよくわかりますが、直によく見えないのが残念に思うこともあります。

しかし、コンサートの醍醐味はアーティストを直によく見ることだけではありません。
音楽とともに音響や照明の効果があってこそ、会場が一つになり、盛り上がっていくのだと思います。

私はそれを毎回、感じて至福の気持ちを味わうために、コンサートに行っているような気がします。